紫外線アレルギー

紫外線アレルギーの予防法と対策

紫外線アレルギーラボ

 

紫外線アレルギーの体験談

 

  • 毎年、夏になると肌の質感がざらざらとしてきて、赤い湿疹ができる。まぶたが腫れたりかゆくなったりする。
  • ひどい時は耐えきれないかゆみが出てとてもつらい。
  • 外で作業をしていたところ、急に肌に湿疹が出て倒れてしまった。しばらく入院をしていたが、退院をしてから日差しの強い時間帯は外出できなくなった。
  • 一度発症してからは症状がでた場合ステロイドの塗り薬を使っている。副作用が心配なので、症状が良くなったら使用しないようにしている。

 

紫外線アレルギーの予防法と対策

 

紫外線アレルギーは、一度発症してしまうと完治しにくいといわれています。

 

ですから、発症する前に予防すること、つまり紫外線を浴びないことが最も重要となります。
つまり紫外線アレルギー予防は紫外線対策をすることです。
日常生活のなかで紫外線を浴びないように対策をすることによって、紫外線アレルギーの発症を防ぐことができます。

 

紫外線アレルギーの予防法と対策は以下の4点です。

 

  1. 日傘や帽子、手袋、サングラスを着用して日光を浴びないようにする
  2. 日差しのきつい日(時間帯だと正午前後)の外出は控える
  3. 食生活の改善、充分な睡眠時間の確保、ストレスを軽減することで免疫力の高い身体作りをする
  4. 肌に合った日焼け止めを使う

 

つぎの記事ではその4点について詳しくお話ししていきます。