紫外線アレルギー

紫外線アレルギーとは?そしてその症状と原因は?

紫外線アレルギーラボ

紫外線アレルギーって何?

 

紫外線アレルギーとは別名「日光アレルギー」や「日光過敏症」、「日光皮膚炎」ともよばれています。

 

その名のとおり、日光や日光の紫外線が原因でおこるアレルギー反応のことをいいます。

 

日光を浴びたときに肌が過敏に反応してしまい、普通浴びても問題が無いほどの紫外線でも皮膚に異常をきたしてしまいます。

 

紫外線アレルギーの症状

 

次にその症状を見ていきます。

 

肌に表れる症状
  • 赤く腫れる
  • 湿疹がでる
  • じんましんがでる
  • 水ぶくれになる
  • かぶれる
  • かゆくなる

 

目に表れる症状
  • 充血する
  • 涙がでる
  • 異物感がある

 

それ以外の症状
  • 頭痛
  • 発熱
  • 吐き気

 

紫外線アレルギーの原因

 

なぜ紫外線アレルギーになるのでしょうか?
原因は大きくふたつに分けることができます。

 

「内因性」のものと「外因性」のものです。

 

内因性による原因

紫外線を浴び続けることによって、その紫外線の抗体量を超えた場合、発症します。
この抗体量というものは人によって差があります。
ですから少しの量を浴びただけでも発症する人もいますし、大量に浴びても発症しない人もいます。
これらのことは代謝障害遺伝子異常など生体内の異常が関係しているといわれています。

 

※代謝障害・・・代謝活動あるいはこれを調節する機構が、何らかの原因で妨げられて生じる病的状態をいう。
※遺伝子異常・・・特定の遺伝子が欠損していたり、たんぱく質を作る重要な遺伝子が変異すると正常なたんぱく質がつくられず身体に異常となって現れるようなこと。

 

外因性による原因

服用した薬や日焼け止めの成分が原因となり、アレルギー反応を起こす場合があります。
薬を飲んだり、日焼け止めを塗った後に少し紫外線を浴びただけで発症してしまうのです。

 

これは服用した薬や日焼け止めが紫外線を吸収して光毒性(紫外線にあたると強い日焼けを起こすもの)を持ったことによります。

 

以上、症状と原因についておわかりいただけましたでしょうか?

 

次はその検査方法などをご紹介します。

 

紫外線アレルギーの検査方法

 

自分が紫外線アレルギーかどうかは総合病院や皮膚科で「光線過敏症テスト」を受けることにより確認することができます。

 

光線過敏症テスト・・・紫外線を皮膚の一部に当て、皮膚の反応を検査するテストです。他にも血液検査やパッチテストをすることもあります。

 

紫外線アレルギーの治療方法は?

 

紫外線アレルギーと診断された場合、軽症の場合はアレルギー薬、重症の場合はステロイド薬などを使って治療します。
副作用の恐れもあるので医師と相談をして治療していきます。

 

紫外線アレルギーは、一度発症すると治りにくいといわれています。
花粉症などと同じように急に発症する場合があります。

 

現在、紫外線アレルギーではないからと油断せず、できるだけ紫外線を浴びないように普段から気をつけましょう。

 

次回は、紫外線アレルギーの対策について紹介します。